オンライン英会話ならバーチャル英会話教室 | お知らせ・お役立ち情報

2012年3月7日(水)

“All is well that ends well.”

テーマ:お役立ち

 
もう3月ですね。学校は卒業の季節、年度の最終月の会社も多いと思います。
 
All is well that ends well.” は、
日本語の「終わり良ければすべて良し。」という意味にあたる英語です。
英語では、シェイクスピアの戯曲の題名として知られている言葉です。
 

文中の‘that’ は 主語の‘All’ を受ける関係代名詞で、
“All is well.” と “All ends well.” という2つの文が‘that’でつなげられています。
“All that ends well is well.” という語順の方が、文法としては分かりやすいかも知れません。
 

けれど、“All is well that ends well.” という語順の方が、
「全ては良いのだ、終わりが良ければ。」といった感じで、
「終わりが良ければ」という部分が、倒置法でより強調されるような気がします。
 

戯曲の題名としての言葉のリズムも、こちらの語順の方がぴったり来ているのではないかと思います。
 

All is well that ends well.” で、学年や年度の最終月を締めくくりたいですね。
 
 

Photo Copyright: Laenulfean

 

Page Top