お知らせ・お役立ち情報 | オンライン英会話ならNTTLSのバーチャル英会話教室

お知らせ・お役立ち情報

2014年4月25日(金)

第1回「バーチャル英会話教室を始めて変わったことは?」-回答ご紹介(前編)-

テーマ:ニュース

バーチャル英会話教室運営事務局です。

 

バーチャル英会話教室では、受講者の皆様がバーチャル英会話教室を通して
学んだことや感じたことをアンケート形式でお聞かせいただき、
皆様にご紹介させていただくシリーズ企画【みんなに聞きたい!あんなこと】
先月より開始いたしました。

 

そして第1回は3月27日(木)から4月13日(日)にかけて、
「バーチャル英会話教室を始めて変わったことは?」をテーマにお声を募集いたしました。

たくさんのご回答、ありがとうございました。

 

回答ではバーチャル英会話教室を始めて変わったこととして

以下のようなお声をいただいています。

 

「これは英語で何と言うのかな?など英語のことを考える時間が多くなった」

「英語を声に出す抵抗がなくなった。自信がついた。」

「英語でジョークを言いたくなった」

 

このほかにも皆様からいただいた多くの声を以下でご紹介しています。

 

今後の英語学習やモチベーションアップにつながるヒントが見つかるかもしれません。

ぜひご覧ください。

 

【前編】(本記事)

【後編はこちらから】

 

■参考:第1回「バーチャル英会話教室を始めて変わったことは?」

 

 

wataruさん

会社で海外メーカーのドイツ人が来ても英語で対応できるようになり、部長に褒められました。
会食での会話や倉庫内の紹介、製品の質疑応答など英語でスマートに対応でき、バーチャル英会話の凄さを実感しました。

mifoさん

『訳して』と会議で言われて「無理です、、、」という前にチャレンジするようになった。
まだまだ通じないけど、人前で話す根性がつきました。

KUNIさん

居酒屋で入り待ちをしているとき、外国人の方がきたが、店員さんも英語が分からず困っていたので、通訳をかってでた。昔なら、見過ごしていたと思う。

sueさん

初めてレッスンに参加したのは確か3年ほど前だと思いますが、今回は三度目の挑戦で、現在1ヵ月が過ぎました。
バーチャル。。。のよいところは何といっても先生の質の高さでしょうか。あとは教材の内容も充実していると思います。毎回の課題も決まっているので、今回は事前の予習をしっかりすることにしました。ダイアログ(スキット)もほとんど暗記しました。レッスン中はうろ覚えになりがちなイディオムやフレーズをしっかり覚えてしまうことで自分の言葉として自由自在に、絶妙なタイミングで使えるようになることを目指しています。なかなか難しいのですが、他の人が話している間、少し考える余裕が持てるようになりました。以前は緊張していてそれどころではありませんでした。変わった点といえば、緊張せず、楽しく、自分らしくレッスンに参加できるようになったことだと思います。そしてそれは会話力に自信がついたからだとも思います。

匿名希望さん

①簡単なあいさつやsmall talkが、わりと自然に口から出てくるようになりました。
②日本語でしゃべっている時でも、「英語ではなんて言うのかな?」と考えるようになりました。英語が流れてきたときでも、耳を傾けるようになりました。
③これまで会議で「意見ありませんか?」とか「質問は?」と聞かれても黙っていたのが、積極的に意見を言ったり、質問できるようになりました。
④先生方に褒めていただき、英語をしゃべる自信がつきました。

daiさん

入会して1ヵ月、まだまだ入門クラスでせっせとレッスンを受けていますが、始めて大きく変わったことは2つあります。
1つ目は普段から英語のことを考える時間がとても多くなったことです。レッスンに向けて教材の予習、復習、話したいと思ったことを調べたり、単語の勉強などに使う時間がとても多くなりました。
2つ目は、これはとても大きい進歩だと思うのですが「英語を声に出す」ことに抵抗がとても少なくなりました。
とにかく相手に伝えたいという気持ちがあれば、意外とできるものだと気づきました。

匿名希望さん

今まで英会話を実践する機会は全くありませんでしたが、最近英語を活かせる職場への就職が決まりました。また普段から、これは英語でどう表現しようか、と考えることが習慣になりました。

匿名希望さん

外国人との会議でも堂々と自分の意見を言えるようになった。

Ryokoさん

以前は英語での電話がとても心配だったが、英会話を始めてから恐怖心がなくなり自然と話せるようになった。
海外旅行に行っても、ホテルやショッピングで気軽に店員に質問できるようになった!!

wagamamaさん

多少英文が読めるようになりました。また、講師と会話することで視野が広がりました。

匿名希望さん

日常の中の出来事を英語でどう表現するかを考えてみるようになった。

Yokoさん

バーチャル英会話を始める前は「この英語で正しいのだろうか。間違っていたら恥ずかしい。」と思い、英語のわかる日本人の前で英語を話すのがいやだった。職場で外国人の同僚に話すときは、ほかの人に聞こえないように小さい声で話していた。しかし、バーチャル英会話で、最大4人が一緒に学ぶ場を体験し続けているうちに、そんな警戒心はなくなり、共に学ぶ仲間として楽しむことができるようになった。また、意外と自分の話す英語は間違っていないのだと、自信もついた。今は、職場で緊張せず普通の声で英語を話すことができるようになった。

miyominさん

英語を習っているというだけで、自信が湧いてきます。単語だけで会話しようとしていた私も、文法がだんだんわかってきました。

aceさん

・英語で夢を見るようになったw
・無意識に why not? what’s the hell! Oh my gosh! が口に・・・

匿名希望さん

英会話教室に入室するのに緊張しなくなってきた。
教室が始まる前の雑談が楽しみになった。
英語を使って話したくなった。

Yayoiさん

TOEICのリスニングパートが聞き取りやすくなった。Part3, Part4の設問の先読みも早くできるようになった。

ryoさん

バイトをしているレストランで外国人のお客様がくると最近みんな私に接客を頼るようになりました。そして先日バイト先に来た外国人と話していると住んでいるのが偶然にも私が今年の秋から留学を予定しているカナダのバンクーバーということが分かり、連絡先を教えてもらったりfacebookで友達になったりとすぐ意気投合できました!これも全部バーチャルイングリッシュのおかげです!

匿名希望さん

・講師の急な質問に対し、焦らず落ち着いて対応ができるようになった。
・以前は、話している最中に単語が思い浮かばず会話の空白を作ってしまう事が多々あったが、今では別の言い回しや表現方法を使って、自分の意見を伝えることができるようになった。
・日本人独特の書き言葉で話すのではなく、口語的な文章で話すことができるようになった。
・話す際のイントネーションや強調すべき単語等にもフォーカスできるようになり、会話にリズムが作れる(うまれる)ようになった。
・以前は自分の意見が伝わらなかった場合、そのまま放置して話を進める状況であったが、最近は相手が誤認識していると思われる部分を再度確認し、正しく理解してもらえるように努力するようになった。

Keiさん

始めたころは、まず頭の中で考えてから話していました。完全にまとまらないまま話し始めると、だらだらとした会話となり、何が言いたかったのかわからなくなることもしばしば。はやくレッスンが終わらないかと時計を気にしていました。先生よりKISS(Keep It Short and Simple)との指摘をもらってから会話が破たんしなくなり、早く終われと思わなくなりました。今はもっと長く話したいです。海外関連会社との打ち合わせもこなせるようになり、外国人観光客に話しかけるようになりました。

Buggyさん

変わったところなのかわかりませんが、バーチャル英会話を中心に生活が回っている気がしています。レッスンを受けて一日が終わる、、的な。逆にレッスンがない日は何か気が抜けたようになってしまいます。いずれにしても、VEのおかげで日々を楽しく過ごせるのは確かですね。(会社でいやなことがあっても、レッスンでリフレッシュできますから)

Shoさん

TOEICのスコアが700点台から800点台にアップした。

匿名希望さん

【気づくと、英語に変換しようとしている】「こういう時、英語で何て言えばいいんだろう?」と考えるようになりました。時間がかかることもありますが、レッスン中の会話が少しでもスムーズに話せるよう、生活の中で意識しています。

【まっすぐ家に帰るようになった】

この先生のクラスを受けたい!と思うと、わき目も振らずに職場から自宅へ。つい付き合ってしまう飲み会や、ムダなショッピングも減って、とても規則正しい生活になりました。

【外国や日本への興味がUP】

バーチャル英会話教室を始めてから、行ってみたい場所がたくさんできました!先生の住んでいる国や、参加している皆さんのエリアが話題に上るので、新鮮で楽しいです。先日のレッスンでは色々なタワーについて説明するロールプレイがあり、皆さんがそれぞれ地元のタワーの魅力を紹介してくれました。いつか本当に案内して欲しいなと思いながら、会話を楽しんでいました。

匿名希望さん

これまでアジア系外国人の方と話をする機会はあったが、ネイティヴの外国人と話す機会は少なかった為、初めは緊張した。ただ受講していく中で、そのような緊張は徐々になくなり今では自信もついてきている。バーチャル英会話に感謝。

匿名希望さん

毎日、生の英語に触れる機会ができたので、英語が生活習慣の一部になった。

匿名希望さん

一応女子。しかも結構完璧主義なので動画となると身だしなみを整えねば。授業を受けるため予習せねば。など構え過ぎて準備に疲れ3日坊主になるのは見えている。バーチャル英会話は顔を出す必要もないので本当に思い立った瞬間で受講でき、グループレッスンなので英語漬けだ…と気負う必要がないので試しに始めてみました。1週間同じスキットなので予習はいらず、毎日の授業が復習+α。1ヵ月がすぎた今、「英語学習の習慣」がついていると思います。この習慣がもっと根付いてから、他に利用できるアプリやコミュニティサイトも利用したいと考えています。

匿名希望さん

レッスン中だけでなく、他のことをしているときにふと「これは英語でなんていうのだろう?」と考えるようになった。
日本語で会話しているときでも「英語ではこういうんだな」と考えるようになった。

saoriさん

ロールプレイで話したことが、実際の会話で何も考えなくても、スラスラと話せたとき、そのフレーズ本当に自分のものになったんだと実感できて、英会話上達の糸口が見えたような気がしました。とにかく、話す量が多ければ多いほど、上達するんだと思います。
もともと、人と話すのが苦手なほうでしたが、ロールプレイではいつも仮想の会話の練習をするので、上司(日本の)とのコミュニケーションにも役立っています。

Marikoさん

バーチャル英会話教室を始めて、自分の弱点を意識して英語に向き合うようになりました。
今までは、間違っていても、ただ通じる英語で外国人と話していたのが、毎回レッスン終了後に先生からいただけるコメントのおかげで、もっと気を付けて英語をしゃべるようになりました。もう英語なんて上達しないとあきらめかけていましたが、バーチャル英会話教室を始めて、コツコツ積み重ねていけば、英語が上達するかもと思えるようになったことも、変わったことの一つです。

SHUNさん

英語を口に出すことに対する抵抗が減った。下手でも黙っているよりは話したほうが通じるということを体感した。

匿名希望さん

バーチャル英会話を始めて変わったことは、以前より積極的になれたことです。始める前は、外国の方が困っている様子でいても、声をかけられても答える自信がなかったのですが、毎日講師の方と授業を受けているおかげで、むしろ話しかけてほしいと思うようになり、これまでの自分との変化を感じています。
また、英会話の授業が日課となり、生活にハリが出た気がします。日本にいながら、毎日英語を話すのはとてもむずかしいことだな、と感じていたので始められることができてとてもよかったと思います。
私自身、留学経験があるのですが、現地では日本人とばかり話していたり、結局今日はあまり英語使ってないなぁ、なんて日があったりしました。もちろんリスニング力は留学に行くとつくとは思いますが、自発的に発言しない限り、スピーキング力はなかなか留学しても難しいところがあると実感していました。その点、自発的に発言する時間を一日のうちに設けられることは、留学しているときと同じかそれ以上に貴重な時間だなと感じています。

 

後編は以下からご覧ください。
「バーチャル英会話教室を始めて変わったことは?」回答ご紹介(後編)へ

 

Page Top