オンライン英会話ならバーチャル英会話教室 | お知らせ・お役立ち情報

お知らせ・お役立ち情報

2011年7月22日(金)

ひとことEnglishノート 【 What’s the catch? 】

テーマ:お役立ち

簡単な単語の組み合わせなのに、文になると意味が分からない、というご経験をお持ちではないでしょうか。

決まり文句みたいな言い回しにそういう表現が多い気がします。
 
 

今日ご紹介するフレーズは、“What’s the catch?”

‘catch’ はキャッチボール等でもおなじみ、「捕まえる」という一般的な単語ですが、

“What’s the catch?” と言われると意味分からなくないですか?
 
 

‘catch’ には、「捕まえるための道具、わな、落とし穴」といった意味もあって、

“What’s the catch?”
で、「何か裏でもあるのか?/何をたくらんでいるんだ?」

みたいな意味になります。

 
 
同じ意味の ‘catch’ で以下のような例文もあります。

“This mobile phone costs 0 yen, but there’s a catch. You have to sign a year contract with the phone company.” 

(この携帯電話は0円だが、実は裏がある。電話会社と1年契約を結ばないといけないのだ。)
 
 

こういう言い回しって、知っていれば何てことありませんよね。

“What’s the catch?” と聞かれて、「裏なんかないよ。」と答えるときには、

“There is no catch.” とか “No catch.” と答えればOKです。

映画とかでも良く出てきますので、覚えておくと便利ですよ。

 
 
それでは、今週も一週間お疲れ様でした! Have a nice weekend. (^^)/

 

Page Top